HOME-TOP > 知識 > 筋トレで事故を起こさないためには?

 

事故を起こさないためには?


筋トレを行うなら、やはり正しい方法で行わないと、
危険な事態になることがあるので注意しなければいけません。

もし、素人が誤った方法で筋トレをすると、
次のような事が起こる場合もあります。

それは・・・

・体の故障を招く
・頭痛
・心臓麻痺


などです。

先ず、正しい方法で筋トレをしないと、体の故障を招くと言うのは、
これはよく言われていることですよね。

それで故障しやすいのが、何と言っても腰になります。

誤ったやり方で腹筋をすると、場合によっては、
腰を痛めてしまう事がとても多いと言われています。

なので、正しいフォームを覚えるようにしてから、
無理のない程度に行うことが大事です。

次に、頭痛ですが、体が冷えた状態で筋トレを行ったりすると
頭が痛くなることがあります。

ですので、いきなり激しい筋トレを行ってはいけません。

始めに、体を温めると言う意味でもストレッチをしたり、
軽く体を動かし、柔らかくした状態で筋トレをした方がいいでしょう。

そして、3つ目の心臓麻痺ですが、特に寒い時期には、気をつけてください。

冷えた体で冷たい部屋でいきなり筋トレをすると、
心臓麻痺が起きる場合があるので注意が必要です。

このような事故を防ぐ溜めには、寒い冬などは、
寒い場所での筋トレは控えてください。

もちろん、この時も体を良く温めてから行うことが重要です。

体を鍛える為に始めたけど、逆に体を壊しては意味がありません。

ですので、筋トレで事故を起こさない為にも、
こういったことに注意して続けてください。




 
inserted by FC2 system